RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Journey Monkeys.

2011.05.02 Mon
どうも。

飲み屋で出会ったユウとAZに来てます。

先週飲んでる時に、「AZ行く?」って言われたので、

「うん」ってすぐ答えて、そんで今AZです。

さすが未来の宇宙飛行士、ユウです。

行動力あります。

僕もそこそこあるって言われますが、

日本レベルと、世界レベルの差です。

ってなわけで、この旅では彼のことを「師範代」

と呼ぶことに決めました。

というか、呼べと師範代に言われました。

写真めっちゃ載せますよ。

ではどうぞ。




SDIM1797

Arches National Parkに寄り道。

普通、ここを目的地にするくらい、

ハンパなくきれいな場所です。

赤い岩のバックが雪山って、

どうかしてます。




SDIM1806

高いカメラに、高い三脚で撮影する、ユウ。

いや、師範代。




SDIM1811

師範代に連れられ、2個目の寄り道。

その名も、Monument Valley。

ここもめちゃくちゃ有名な場所。

贅沢な寄り道です。

風が最高に強かった。




SDIM1822

18時間の移動の後、朝早くの元気に起きて、

ほいほいっと目的地に連れてってくれる師範代。

ここは、Native Americanたちが、

岩場に建てた家が残ってます。

てか、どういこと?

何故に岩場?

日本で言う、投入堂?




P1000857

ちなみにコレ、投入堂。

神戸にいる時に、GWに行きました。




SDIM1841

さて、飛行機の飛んでいるココはどこ?

ってことで、Sedonaにまた来ちゃいました。

前は歩きで、しかも迷いっぱなしでしたが、

今回は車での移動。

楽しかった。




SDIM1844

師範代って言うのがめんどくさいので、

ユウでいきますが、

ユウはAZに住んでたので、Sedonaにはよく来てたらしいです。

でも、せっかくSedonaに行ってるのに、

Vortexにハイキングしたことないらしく、

今回は僕が案内しました。

写真はおなじみ、Bell Rock。




SDIM1864

そしてここも。




SDIM1885

夜はユウの友達と、

みんなの友達、ビールと。




SDIM1899

次の日はここ。




SDIM1902

ユウの友達が、

飛行機のパイロットの先生をしてるので、

なんと乗せてもらえることに。

なんと幸運な。




SDIM1915

これに乗って、

Sedona、Grand Canyon、Pageに行けちゃいます。




SDIM1895

体重を聞かれ、燃料の計算をしたり、

写真のBOSEのヘッドセットを借りて、

いざ機内へ。




SDIM1946

「こういうのやってみたかったんですよ」

ってことで自分撮り。




SDIM1932

めっちゃチェックするJohnさん。

先生でもしっかりやるんですね、

てか、先生だからこそか。

かっこいい。




SDIM1975

TAKE OFF!!




SDIM1991

やばないすか?

映画の中にいるみたいだ。




SDIM2007

噂のGrand Canyon。




SDIM2016

めちゃ揺れるけど、

それ以上に、

僕の創造力すら超えた、

この景色。




SDIM2040

そりゃ、Native Americanも、

「大いなるもの」でも想定しないと、

正気を保ってられないだろうな、

容易に想像。




SDIM2059

だって、地球が割れてんだもん。




SDIM2073

ああ、地球じゃないとこに来てしまった。




SDIM2083

「やべー」って連呼してたユウだけど、

やべーのはユウの体調で、

ものの見事に酔ってました。

せっかくの景色なのに。

やっぱ、持ってるな。




DSC_0044

でも、地に足着いたら、

この元気。

若いね。




DSC_0074

風の跡。

そして、時間の音。




DSC_0076

帰りは、何とか湖を見たけど、

マジ異次元。

逃げたくなる、感動。




DSC_0090

人間、感想言えてる時は、

言えてるってことなんだな。

言えないよ。




DSC_0135

言葉に引き取られるのを、

意味から離れれることを要求してくることを、

ここまで拒む景色はないな。




DSC_0145

おまけで、

Johnが、AkitaまでのGPSを表示してくれました。

35時間だって。

けど、行けなくもないね。




DSC_0155

最後は恒例の、夕陽シリーズで。




では、




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<人は、食事をして、洗濯して、寝て、また繰り返す。 | HOME | Karma.>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/756-ff889dd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。