RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

そこらへん。

2011.06.06 Mon
何だか騒がしいし、週末の久しぶりの野球で

全身筋肉痛のからだが寝返りの度に痛くて、

終いには、悲鳴になった。

朝から、家にリスが現れたのだ。

Boulderにいる時には、裏庭にたくさんいたし、

ダウンタウンなんかを歩いてたら、

そこら中にいた。

でも、確かに実家に現れた。

座敷に逃げこみ、つんつんすると、

忍者のように走りまわる。

「捕まえたらペットにでもしようか」

なんて、姪と二人で考えて、

朝食も忘れて、

ついでに筋肉痛も忘れて、

俺は洗濯物入れるネット、

姪はほうきを持って追いかける。

でも、母さんの嫁入り道具とか、

いろいろ詰まってる押入れに逃げこむと、

うんともすんとも言わなくなった。

Boulderにでも帰ったのだろうか。

「おめが、外国がら連れできたんだべ」

なんて笑いながら、

母親は外に出る準備をする。

あんま好きになれん井上真央と、

なんか昔のセットに馴染まない感じのイケメン俳優とが出てる

「おひさま」って朝の連続テレビ小説を観ながら、

昨日、兄貴を飲み会に送っていった帰りに、

姪と買いに行ったチーズケーキを食べた。

レモンの風味がした。

起きたまんまの格好で、

母さんに連れ出され、

出羽鶴の前掛けをして、

軽トラの荷台に乗る。

この前来た中学生達も、

同じように軽トラに乗っていた。

そう言えば、俺も何年ぶりだろう。

細い山道を上って、

誰かが建てた別荘まで辿りつく。

その周りには、丸太がたくさん積んであって、

どうやらこれを、薪としてもらったようで、

それを裏山の山小屋まで運ぶらしい。

ようやく連れ出された理由がわかった。

丸太は楢の木で、薪としては最高らしい。

硬い木で、よく燃えるらしいのだ。

でも、さすがに硬くて、詰まってて、

一本が重い。

一つ、20キロ以上はあるだろう。

70も近くなった両親に運ばせるわけにもいかないし、

せっせと丸太を運んだ。

なんだかそんな作業をしてると、

いろんな雑念が浮かんできて、

うれしくなった。

どうやったら丸太を楽に運べるか、

ロルフムーブメント的に考えたりしていると、

それよりも早いペースで、

片肺がない父親は、俺よりも大きな丸太を運んでいく。

うるせーなって自分に思う。

まず一回目を積み終わり、山小屋へと向かう。

もう薪ストーブはいらないから、

家も衣替えをする。

みんなで、それをする。

季節があるし、その中で生きてるんだし。

父さんがはしご持ってきて、

屋根の上に上り、

煙突を外していた。

落ちたら困るから、

俺が代わって上に登った。

煙突を外し、薪ストーブも物置に入れて、

今度は囲炉裏の準備をする。

いろいろと道具の名前を言われるけど、

どれがどれだかわからないから、

何にも手伝いができなかった。

どこで何を学んできたのだろう。

囲炉裏の準備が終え、

この前使った布団一式を、

軽トラに積みこんで、

家に向かった。

荷台いっぱいに積まれた布団に埋もれて、

流れる景色を眺めたら、

昔の気分になってきた。

風が気持ちいい。

7セットの布団を降ろし、

天気もよかったから、

縁側に干すことにした。

ここで一旦休憩して、

お茶でも飲む。

民宿の息子みたいな生活してる。

ロルフィングの勉強をしているのにな。

さて、二回目の丸太積みに向かう。

二回目は一回目よりも大きくて、

どんどん汗が出てきた。

梅雨が終われば、ここにも夏がやってくる。

一通り丸太も終わって、

犬の散歩でもする。

最近、胃の調子が悪いのか、

犬が草ばっかり食べる。

むしゃむしゃ食べてた。

それにしてもこの犬は、

毎回散歩コースを変えてくる。

あえてなのか、それともただただ覚えてないのか。

シャワーして、洗濯干して、

革靴の一斉手入れしてたら、

気づいたらお昼になっていた。

最近の楽しみは、昼飯後の昼寝。

ホントにのんびりな生活だ。

夜には部活から帰ってきた姪に、

ロルフィングのセッション3をして、

今日も一日が終わる。

そしてまた明日だ。

明日は何をしよう。

父さんが新しく買った軽トラで、

どっかドライブでも行こうかな。

まあ、明日決めよう。

明日も晴れるといいな。

ではでは。




SDIM2958




SDIM2961




SDIM2962




SDIM2965




SDIM2969




SDIM2970




SDIM2975




SDIM2987




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<家に、アフターさんがやってきた。 | HOME | ここに生まれ育って。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/769-73176c30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。