RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

バットを振り続けること。

2011.10.13 Thu
高校の時、野球をしていたけど、

野球のうまいやつがいた。

彼は同い年で、商業科のクラスで、

学校の成績はあんまりよくなかったみたいだ。

でも、野球はうまかった。

彼は、練習の前とか、練習の後でも、

ほとんど食べ物のことを話してた。

練習前に、近くのスーパーで、

よくたこ焼きを買ってきて食べてたし、

練習後には、どっかの食堂に行っていた。

そんな彼も、

練習中は野球のことだけを考えていて、

少し厳しい表情になる。

広島の前田選手みたいな顔だった。

僕らの監督は、あんまり教える人じゃなくて、

生徒の自主性を尊重していた。

僕は、誰よりも練習したとまでは言えないけど、

それでもよく練習したグループには入ると思う。

そして、うまくなったとも思う。

けど、彼の方が野球がうまかった。

彼は、試合で課題が見つかると、

その課題のために、自分で練習ができて、

次の試合には修正できていた。

練習ができるやつだった。

僕ももちろん練習したんだけど、

うまくもなったんだけど、

何のために練習してたんだろう。

いつも、練習って考えると、

そいつのことを思い出す。

今は、秋田で接骨院かどこかで働いてるらしい。

多分、僕がロルフィングを学んでることも知らないだろうし、

ロルフィングが何かも知らないだろう。

ただ今でも、患者さんのために、

自分のできるかぎりことをできるように、

きちんと練習しているんだと思う。

今日のクラスで、触診の練習をしている時に、

黙々とネットに打ち込んでいた彼の姿を思い出した。

僕は今、何のためにスイングしているんだろう。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<濡れるとなかなか乾かない。 | HOME | 同じ味のラーメン屋。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/799-341e4853

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。