RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

山が何かの基準として。

2011.12.02 Fri
親父も、母親もどこかに出かけてしまっていて、

最近、全然生産的じゃない生活ばっかりだったから、

いいともを見終わってから、外に出かけた。

27歳になって、少し小ぎれいな格好が好きになってきたのだが、

それで軽トラを運転する。

全てがオートになっていっているから、

過程なんてものは、邪魔くさく切り取られてしまう。

そんなのに抵抗したい気持ちがあるのだろうか、

クラッチの切り替えが、からだに気持ちよかった。

信号で泊まったり、交差点で曲がるときに、

緊張するのもよかった。

10分ほど運転すると、イオンモール大曲に着いた。

スターバックスでコーヒーを頼んで、

最近買った本を読む。

どこにいても、本の世界の中に入ってしまえば、

心が落ち着いてくる。

村上春樹の文が、まさに彼の語り口そのままで、

なんだかおもしろかった。

ふと、本の世界から離れ、顔を上げると、

郊外型ショッピングセンターの大きな入口から、

奥羽山脈に積もっている雪が見えた。

そういえば、今日はすごく晴れていて、

すかっとした一日だった。

4時半には、もう日が沈み、

夏とは違ったオレンジ色に空が染まっている。

家に帰ると、親父はこたつで寝ていて、

母親はさほど興味もないテレビを見ている。

俺もやれやれと腰を下ろして、

スターバックスの話をした。

一日が終わっていく。

そして、明日はもう、

そこの山まで来ている。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<友達って、風呂に行く人だと思ってる。 | HOME | 兄貴の文。>>

no subject

こちらの廊下の大きな窓からも
遠くの雪をかぶった山が綺麗に見えたよ。
思わず30分ぐらいボーッと見ていたよ。

久しぶりに大友さんの文を読んだけど
心地よいですね。
私もまた、書き始めたよ。
- | MARiKO | URL | 2011.12.02(Fri) 05:15:25 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

MARiKO、

俺も、久しぶりにまりこの文見たよ。

俺さ、やっぱあなたの文のファンだわ。

ずっと待っていたんだってことに気づいた。

いいね。

会いに行きますね。
- | 大友 勇太 | URL | 2011.12.02(Fri) 07:36:41 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/816-9c3571af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。