RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

晴れた日がうれしい。

2012.05.04 Fri
久しぶりにカラッと晴れた。

なんだかBoulderを思い出す。

空は青色より蒼色だったし、

木々たちは、光を通して、

きみどり色に輝いていた。

葉っぱも輝くんだなと思った。

連日の雨で、少し部屋が湿っぽかったから、

毛が長いラグマットを洗い、

布団もベランダの柵にかけておいた。

なんだか乾いていく様子を見るのがうれしく感じる。

なぜなのかはわからないけど。

無印の白い掃除機をコンセントにつなぎ、

部屋を掃除する。

掃除することは、

部屋がどんな状態なのかを確認することで、

ああ、ほこりっぽいな、

これは後で拭いとこうとか考えながら、

掃除機を前後に動かす。

あまりに気になると、その場でぞうきんをしぼり、

ささっと拭きはじめる。

そうすると、他のところも気になり整頓しはじめる。

そしてまた、無印の掃除機を動かす。

観葉植物を日の当たるところに移動させたり、

本を整頓したり、掃除機したりしていたら、

途中で水が飲みたくなった。

外に出て、水を飲んで一息つく。

気づいたら、結構な時間が過ぎていた。

そういえば、母親は毎日どこかしら掃除していた。

祖母もそうだった。

父親は、冬囲いの整理をしたり、

農作業の準備をしたりしている。

そうして、昼ごはんを食べ、

昼寝して、また一働きして、

夜は酒を飲んで寝ていた。

家族の一日のほとんどは、

家を掃除したり、畑や田んぼの雑草取りや、

水やりの調節などの「手入れ」時間か、

次の行事や、作業に向けての「準備」の時間だったのかもしれない。

なんだか、進歩がないようで、

僕はそんな仕事が嫌いだった。

維持するための仕事だけをしていて何が楽しいのかと。

そして今、一日の結構な時間を、

そんな時間に当てている自分に気づく。

別に教えられたわけでもない。

母の日が近いから、こんなこと考えるのかな。

こんな毎日も悪くないなと思う。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ただうまくなりたい。 | HOME | 説明すること。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/854-403fa315

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。