RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ただうまくなりたい。

2012.05.08 Tue
ロルフィングのセッションの数が増えてきて、

手の感覚がどんどんよくなっている。

毎回セッションが楽しくて、

あっという間に時間が過ぎてしまう。

野球部の頃にもそういう時期があった。

中学2年生の新チームの時、

ボールが見えて見えてしょうがなくて、

どこへでも狙ってヒットが打てた。

全然力みはなくて、ボールが思い通りに飛んでいく。

そうしたら4番になって、気合が入りすぎてしまって、

あっけなくボールは見えなくなってしまった。

その次は、高校2年生のこれまた新チームの時、

夏休み練習で、守備練習をただひたすらにしていたら、

「この夏で一番伸びた選手」と言われた。

確かに、自分でもボールに入っていく道が見えて、

自然にグローブに入る感じだった。

その頃は、スローイングも調子が良くて、

大体思ったところには投げることもできたし、

遠投も100mは投げれていたと思う。

そういう時って、ただただ楽しくてしょうがない。

自分の変化が、一球一球わかる。

今は、ロルフィングがそんな感じかもしれない。

人に触らせてもらうと、勝手に手が動く。

何かを考えながら、理屈を作りながらやると、

すぐに手が止まってしまう。

外でも見ている方が、なんだか空っぽになれていい。

けど、調子に乗りすぎてしまっても、我が出すぎて、

クライントの望むものにはならなかったりする。

ちょうどいい位置辺りで、ふらふらしているのがいいみたいだ。

そいつの塩梅がなかなか難しくて、

うまくいく時もあるし、うまくいかない時もある。

でも、楽しくてしょうがない。

もっともっとロルフィングがうまくなりたい。

ただそれだけしか、今はないなと思う。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<2杯のコーヒー。 | HOME | 晴れた日がうれしい。>>

わかる気がする…

いいねいいね!前に進んでる感じ(´▽`)最近テニスを習い始めたんだけど、グリップを握りしめる癖があって、これって技術でもおんなじことなんだろうなあって感じる…。力抜くとうまく打てるのよね!わかってる。わかってはいるけど…自分の課題です。

お父さんのブログ、読んでたら泣けてきました(T_T)
わたしも最近、足に尋常じゃないむくみが出た祖父にセッション2とリンパドレナージュをしに家に通い中。
家族に施術できないと思っていた気持ち、よくわかります。
- | おすぎ | URL | 2012.05.08(Tue) 18:53:11 | [EDIT] | top↑ |

Re: わかる気がする…

おすぎさん、

コメントありがとうございます。

力を抜くってのは、どんな動きでも基本ですよね。
けど、僕もわかっていますが、手に力が入ってしまいます。笑

いいものだってこだわって、いろんな苦労もして学んでいるのに、
それが家族にできないのは矛盾を感じていました。
本当にいいものなら家族にこそやるべきだなと。

日々精進ですね。
- | 大友 勇太 | URL | 2012.05.09(Wed) 23:50:22 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/855-1260246a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。