RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

わかりにくさの効用。

2012.07.11 Wed
先週、元町でロルフィングのお話させてもらいました。

神戸でヨガを教えてらっしゃるぬんさんが、

寺っ子屋というシェアスクールを始めて、

そのボディワーカー勉強会の第一回目の

講師をさせてもらったのです。

学びたい大人たちが自主的に集まって、

それぞれの得意分野をお話する。

楽しい感じです。

でも、自分が話すとなるとなかなか難しくて、

実際、かなりいろいろ考えました。

ただの交流会って感じで、

お互いやってることをただただ紹介するってのも、

個人的にはおもしろくないなって思ったので、

ある程度は「来てよかったな」と思うくらいの

お話をしたいなと思いました。

だからといって、参加されたみなさんが

ロルファーになるわけではないので、

そんなにかっちりしすぎてもだめだし、

「触れる」ってことは、どんなボディワーカーにとっても、

そうじゃない人にとっても大切なことなので、

そこを実技中心でやったとしても、

ロルフィングってのが薄くなるし、

まあ悩みました。

散歩してるときも、ごはん食べてるときも、

誰かと話すときも、セッション中にも、

いろいろと考えました。

わかりやすい、つまりは手に取りやすい形にすると、

ロルフィングや、ボディワークそのものが持っている、

いきいきした躍動感がなくなってくるし、

だからといって、手に取られにくいのも困るし、

いろいろ考えた末に残ったのが、

「なんかよくわからんが、思わず手にとってしまうもの」

のお話をしようと思いました。

今、自分の手にしているものが何なのか、

それはよくはわからないが、

何かひっかかるものがあって、

ついつい手元に置いておいて、

ふとあるときに、また手にとってしまうようなもの。

それがいいのか悪いのかはわかりませんが、

ただ今回は、そんな話をしました。

実際にロルフィングをしている僕も、

未だにロルフィングの姿が見えなくなったりもします。

「重力の中で、からだの構造を、自然な状態にしていくプロセス」

それを達成するために、

10回のロルファーとのセッションを通して、

自分のからだを見つめ、

重力の中で、自然な状態でいられるような姿勢、構造を学んでいきます。

姿勢、構造のかたちが変わることで、

周りの環境との関係が変わっていく。

それを、ロルファーとしてわかっているつもりですが、

まだまだ捉えられているとは思いません。

ロルフィングは、ものとしてそこに存在するのではなく、

何かに映されないとわかりません。

こころと同じようなものです。

ある人に、ロルフィングというものをしてみて、

それで起きたことを詳細に拾っていくと、

そこに何かがあるように見える。

鍼灸や、整体、マッサージ、ヨガなど、

ボディワークは、本来そんなものだったと思うのですが、

それが、時間が経っていくほどに、

それ自体がもののようにふるまい始めます。

ものに見えると、それをコントロールしようとしますが、

コントロールできない部分があると、

コントロールしやすいかたちに変えていきます。

そうやって、ボディワークは、

手に取りやすいものになっていったのではないかと、

自分で想像しました。

なので、もう一度そこを捉え直せたらなと思って、

がんばって話させてもらいました。

しかし、ここまでお話してわかるように、

なんだかわかったような、わからない話になってしまいました。

そんな状態を、僕のことを前から知っていた人は、

「講師なのに、ずっと「わかんないんですよね」って言ってて、

おもしろかったよ」

と言っていました。

勉強会が終わった後に、いろいろな方々の感想を聞きました。

それぞれの方が、僕の話の中で、

それぞれの手にとったものの話をしてくれました。

それが何なのか、わかっていらっしゃる方も、

わかっていないけど、とりあえず手にとってらっしゃる方もいました。

僕としては、まずは終わってほっとしたので、

あとは、その手にとられたものが、

話を聞かれた人の中で、

静かに意味を変えていってくれればいいなと思います。

わかりやすい話もすごく楽しいのですが、

わかりにくさの効用についても、

改めて考えることができたので、

僕としてはとても素晴らしい経験になりました。

でもやっぱり、もしも次もお話させてもらえるなら、

わかりやすい実技でもしようかと思いました。

わかりにくいということも、なかなか大変なことなんですね。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<続いているもの。 | HOME | また同じことしてる。同じ風が吹いている。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/864-a8cfc1ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。