RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

続いているもの。

2012.07.14 Sat
ロルファーの幸田さんにお会いした。

何度もお話を聞いていたので、

一度お会いしてみたいなとは思っていた。

人からイメージを伝えられていたので、

なんだか勝手に「コウダさん」のイメージばかりがふくらんで、

僕は幸田さんにもう会ったことのあるような気さえしていた。

部屋に入って、もうすでに何人かいらして、

僕はその中に「コウダさん」を見つけることができず、

あとから、「あの人が幸田さんだよ」と教えてもらった。

人のイメージってのはおもしろくて、

見たいものじゃないと見えない。

そこで正しいとか、正しくないってのは、

そんなに意味がないことで、

ただ見たいものだけを見る。

だからって、一度お会いしたことがある気がしていたコウダさんが、

簡単には頭の中から消えてくれるわけではなく、

コウダさんと幸田さんがしばらく一緒にいた。

幸田さんは身のこなしが素晴らしくて、

動きもきちんとできていた。

まずはその動きをきちんとからだの中に入れてから、

それで取り込むかどうかを判断されていた。

丸呑みしちゃうのも危ないし、

だからって、口の中に入れなくても、

何もわかることはない。

25年もロルフィングができる理由がなんだか見えたような気がした。

帰りの頃には、結構な勢いで雨が降ってきて、

幸田さんが傘をシェアしてくれた。

なんとも光栄なことで、濡れるのも気にせずに、

いろいろと聞きたいことを聞いた。

帰りの電車は違う方向だったから、

僕は東梅田行きの電車に乗ったけど、

そうじゃなかったら、もっと話していたかったな。

幸田さんとお会いして、そしてお話できてよかったと思う。

僕も長くロルフィングがしたい。




Yuta
関連記事
スポンサーサイト


Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<何も言わない饒舌。 | HOME | わかりにくさの効用。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/865-f8beadf1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。