RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

砂糖小さじ2杯

2006.04.11 Tue
「ロボットならいいんだが…
     けれどそこが面白いのが人間の体」

 いきなり何書いてんのって思われるかもしれませんが、今日は僕がパーソナルでトレーニングをサポートしているサッカー部の人の話を少ししようかなって思います。

 出会いは大学の「スキー実習」と呼ばれる授業で、その選手が僕にマッサージをお願いしてきたことが始まりでした。その人はサッカー部だというのは知っていましたが、話したことはありませんでした。向こう側もなんとなくトレーナーの勉強していることはわかってたみたいです。

 「CCCAでしょ?マッサージとかできるでしょ?やって!」みたいなノリで、僕もあまりできないけど、仲良くなれるからいいかなって思ってやりました。



 スキーから帰ってきて、向こうから「トレーニングをみてほしい!」という要望があって、そこからもう2年以上の付き合いです。

 その選手は、股関節の可動域が大きいというよりかは、いろんな方向によく動くという表現の方がいいような感じで、股関節以外も練習はしましたが、肩甲骨、脊柱も動くようになり、グニャグニャです。

 それをうまく使いこなせているので、コンタクトをうまくかわしたり(逃がしたり)、届かないようなところに足が届いたり、やわらかさ特有のメリットがあります。
 
 しかし、もちろんメリットがあったらデメリットもあります。主なものは、体幹、上肢、下肢も動くけど、安定性がないので、暴れてしまいます。前に力を出したいのに横方向にも力が逃げてしまってなどがあります。

 今は、上肢、下肢の自由度を生かすために、体幹は固定できるようにできたらと思っています。けど、そうは言っても、簡単にできるわけではないし、できたから簡単に身体が変わっていくわけでもない…

 ロボットなら、数値で入力するとそれ相応の出力をしてくれるけど、人間はなかなか、A君にはこれくらいがよかったけど、B君はもっともっと少ない方がいいなど、簡単にはいきません。そこら辺のさじ加減はかなり難しいし、知識に基づいた実践の積み重ねから得られる経験だと思います。自分本当にまだまだです。

 けど、だからって僕はロボットにトレーニングを指導したいわけではありません。人間の「なかなかうまくいかないな~」という、アナログな部分に魅せられました。これからも勉強しながら実践あるのみです!

 「一緒に成長させてもらってありがとう!もっと確率が上がるようにがんばりますのでこれからもよろしく!」
関連記事
スポンサーサイト
Category:大友 勇太 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<効率のいい人ほど忙しい!? | HOME | はぁー?怒>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ccca.blog61.fc2.com/tb.php/9-8a8bf99a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。